新たな打感で生まれ変わった「HEAD Graphene Touch SPEED」使ってみた

新年初登場「J」です!!

皆様、新年あけまして、おめでとうございます
本年もどうぞ変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

新年のご挨拶をさせていただきまして…
本日は久しぶりにラケットレビューを書きたいと思います♪

今回レビューするテニスラケットは…

今回のターゲットは、2016,2017年の最新作となりましたノバクジョコピッチ選手使用モデル

HEAD Graphene Touch SPEED(ヘッド グラフィンタッチ スピード)

について、レビューしたいと思います。

発売から少し経過しましたが、ミッドプラスとプロの両方を試打してみましたので、両方について書いていきたいと思います。

基本スペックと特徴

さて、こちらについては、公式サイトに既に記述がございます

Screenshot of www.head.com

HEAD公式HP

新鮮な驚きがあります。
ノバク・ジョコビッチが推奨するSpeed Proは、ジョコビッチの好きなハヤブサと最新の技術に基づく数々の細かなデザイン要素を、スピード感あるパッケージとしてまとめています。
新たなグラフェンタッチ技術により、卓越したタッチと振動を抑えつつもしっかりしたフィール、そして素晴らしい打球音を実現し、18/20ストリングパターンにより上級のトーナメントプレーヤーに最適のコントロールをもたらします。
このラケットは、特徴的な羽根のステルスパターンやSPEEDのロゴと一体化したハヤブサの頭など、ハヤブサを意匠化した複数のデザイン要素も備えています。
コントロールとスピードに注目を浴びるデザインを完璧に組み合わせたいとお望みなら、細部にこだわったこのラケットはきっとお気に入りの1本になるはず。
ジョコビッチに聞けば分かります。

HEADのWEBページ格好良くて、好きなんですが…
英語を日本語に訳しましたって言う感じがモロに出ているので、ちょくちょく滑稽な文章がありますね

あと、うん…ジョコビッチに聞けるものなら、聞いてみたいものです笑

Graphene Touch SPEED PRO

私は、テキストブロックです。このテキストを変更するには、[編集]ボタンをクリックします。ここからはテキストブロックの例文が並びます。テキストを入力する場合これらを消去して入力してください

Screenshot of shop.head.com

スピード・プロ

Graphene Touch SPEED MP

私は、テキストブロックです。このテキストを変更するには、[編集]ボタンをクリックします。ここからはテキストブロックの例文が並びます。テキストを入力する場合これらを消去して入力してください

Screenshot of shop.head.com

スピード・ミッドプラス

観点別評価・レビュー

さて、こちらについては、公式サイトに既に記述がございます

Graphene Touch SPEED PRO
グラフィンタッチ スピード プロ

スピード ★★★☆☆
コントロール ★★★★★
スピン ★★★☆☆
振りやすさ ★★★☆☆
打ちやすさ ★★★★★

Graphene Touch SPEED MP
グラフィンタッチ スピード プロ

スピード ★★★★☆
コントロール ★★★★☆
スピン ★★★☆☆
振りやすさ ★★★★☆
打ちやすさ ★★★★★

メリット

■新感覚の打感

「Grahene Touch」素材から生まれるこの打感は、まさに新感覚
私の少ない語彙力で表現するなら、「しっとり」といった感覚です
決して硬くはなく、柔らかすぎない絶妙な打感です。
発売直後から、非常に人気のこのラケットは
ご購入された方のほとんどが、まずこの打感を賞賛されます

■打ち負けにくい、粘り強さ

前作から大きな改善だと思います
しっかりとヘッドが効くようになり、球際やボレーにおいて
力負けしにくくなりました
これも「Grahene Touch」素材の効果なのでしょう

デメリット

■振り抜きが前作のほうがよい

前作までの方が「トップライト」で、スイング時にラケットヘッドが走ります
この点は、前作に軍配が上がります。
力強さが出た代償として、少しスイングスピードは落ちるように思います

■「スピード!!!」という感じではない(笑)

ラケットから放たれるボールの威力は、前作より向上しています
しかし、このラケットを使ったからといって、ボールが速くなったなとは思いません
スピードよりも、むしろコントロールしやすいなという印象です

ラケットの名前はシリーズ名を継承して「スピード」ですが
このラケットの魅力は「スピード」にあらず

前作との違い

「Graphene Touch SPEED」の前作「GrapheneXT SPEED」も試打経験がありますので、この2種類のテニスラケットの違いについても少し言及してみます。

■「トップライト」感が薄れた!?

スピードシリーズは、基本的に「トップライト」なイメージが強いシリーズでした
個人的には、きっちり振り抜けない場合や球際において
・力負けしてしまう
・ボールにパワーが伝えにくい
といった印象がありました
しかし、今回はそのイメージを払拭してくれました
ラケットヘッドの効きが大きく改善されたように思います

■打感が変わった!?

今回のスピードは前回「GrapheneXT」素材から「Graphene Touch」素材へと変更となりました
これにより、少し硬めの打感から、マイルドな打感へと変わりました
イメージとしては、「カンッ」から「しっとり」に変わってます笑

Graphene Touch SPEED ProとGraphene Touch SPEED MPの違い

MPとプロの大きな違いは、「飛び」と「球離れ」かな感じました
MPの方がボールが飛んでくれる代わりに、PROよりは打球が軽くなりそうです
プロはMPよりも独特のホールド感が強く感じられ、ズドンと送り出した感覚が得られます

反発性やスピード重視で行きたいなら、ミッドプラス
コントロール性能や打ち負けない抑えが必要な方は、プロ

こんな感じではないでしょうか?

こんな方にオススメします!!

PRO(プロ)

  • 男性上級者
  • 力がありボールが潰せる方
  • ストローカー
  • ジョコビッチになりきりたい方(笑)

MP(ミッドプラス)

  • 男性中級者
  • 女性中上級者
  • コントロールUPを目指したい
  • ストローカー

インプレッション

このラケットの最大の魅力は新しい打感に尽きると思います
反発性と柔らかさという相反する特性のバランスを絶妙に追求してあると感じました
このフレームにより、パワーある打球が非常にコントロールしやすくなっています

選手層のみならず、一般プレーヤーでも使いやすい癖のないラケットです
特にこの力は、ストロークで発揮されることと思いますが、ボレーのしやすさも改善されております

私もいろいろなテニスラケットを使いましたが、これほどまでに正当に進化・パワーアップしたと感じるラケットは珍しいですね

あとがき

今回のブログタイトルは「新たな打感で生まれ変わった…」というタイトルにしました
本当に新感覚の打感です。決して硬くはなく、柔らかすぎない
私の「しっとり」という表現に納得いただける人も少なくないはず…
この打感が病みつきになる人が続出する予感です
一気にこのテニスラケットの所持者が増えているのも納得です

デザインはシンプルかつ、キレイめなデザインで、素敵ですね
ジョコビッチの好きなファルコンをイメージしたデザインらしんですが…
どこらへんがファルコンなのか、芸術センスのない私には理解できませんでした
ただ、ジョコビッチはハヤブサが好きということを学びました笑

投稿者プロフィール

Jアドバイザリースタッフ
アソシエのWEBページを担当しています。HPのことなら、お任せあれ!!
イベント開催日にはカメラを持って写真撮影をしています。稀に店頭にも出没します。
不審者ではございません。よろしくお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。